霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)議員の発言まとめ

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)に関する議員の発言をまとめた。

 

  • 河野太郎議員

 

  • 西田まこと議員

 

  • 牧原秀樹議員

 

  • 務台俊介議員

 

  • 高野光二郎議員

内閣府が作成したビックデータ、地域経済分析システム「RESAS」 !! これ、すごいんです。市町村ごとの人口、経済、観光等のデータが分析でき、他の市町村との比較や都道府県との比較が出来ます。

www.facebook.com

 

  • 大野敬太郎議員

地域経済分析システムに触れ、地方にとって、より役に立つシステムになるよう今後も開発継続を要望しました。

www.facebook.com

 

  • 平将明議員

「地域経済分析システムRESAS(リーサス)」の可能性について、平副大臣が詳細解説しました。
詳しくは動画をご覧ください。

●動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=_n2UWXktCe4

www.facebook.com

 

  • 小林史明議員

 

RESASの利用方法を伝えていたのが、伊藤達也議員であった。

  • 伊藤達也議員

 観光マップ/From-to分析(滞在人口)

石川県加賀市の滞在人口データを示している。加賀温泉郷では、東京からの訪客が多いと思いプロモーション活動を行っていた。しかし、実際には隣県である福井県や関西・中部圏からの訪客が大半を占めていることがRESASを用いることでわかり、見直しを検討するという。このように、データに基づき検証していくことで、より効果的なマーケティング活動が可能となる

出典)Agoop「流動人口データ」(2014 年1 月~2014 年12 月・1 日あたりの年間平均)/RESASホームページより

 

特許分布図

上)日本全国の特許権者の所在地、下)近畿圏の特許権者の所在地。特許権者は、大都市のみに集中するのではなく、全国の各地域に分散していることがわかる。地域ごとの詳細をみれば、自地域の周囲にどのような特許権者がいるのかが地理的に把握できる。また、エリア毎の特許権者・テーマ一覧や、特許分野別比率の取得が容易にできる。このようなデータを基礎として、該当地域に蓄積されている技術やノウハウ、人材を活かせる有利な産業分野を把握し、関連事業を構想していくことが可能となる

出典)特許庁「特許情報」(2014 年9 月)/RESASホームページより

www.projectdesign.jp

 

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)eラーニング紹介動画も公開されていた。 

 

 

www.youtube.com

 

その他動画も数多く公開している為、参考にするとよいだろう。

www.youtube.com

 

 

関連記事はこちら

ngtcsfksmgsk.hatenadiary.jp