霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

MENU

世界標準化・プラットフォーム競争にどう臨むか

アマゾンで注文した商品が職場に届く光景が当たり前に “雇用喪失”などの破壊力も半端ではない 世界標準化・プラットフォーム競争から立ち遅れる日本 小売りから宇宙ビジネスまで進出するアマゾン 「世界水準の最先端技術立国」に向けて アマゾンで注文した商…

古屋圭司衆議院議員の消えたパーティー券収入はどこへ?

古屋議員によるパーティー券収入過少申告の疑い 何が行われていたのか 「券は売って費用は最低限」が政治資金パーティーの成功の秘訣 裏金作りにつながりかねない政治資金パーティー 古屋議員によるパーティー券収入過少申告の疑い 17日、朝日新聞が自民党の…

常態化する夏の猛暑、日本にサマータイム制の導入を本格検討を

生産性向上の視点からのサマータイム GHQは日本にサマータイムを導入していた 夏のビジネスシーンを変えたクールビズ 梅雨が明けたかと思えば、連日の猛暑だ。40度近い気温を示す都市が相次ぐ、というのはどう考えても尋常ではない。 16日、最も暑かったのは…

遠のく参議院の1票の格差是正

参院定数6増案、参院通過 会期末へ向けた拙速な審議 抜本的な1票の格差是正策からは遠い 思えば、「定数削減」から始まった安倍内閣 参院定数6増案、参院通過 11日、参議院の議員定数を6増する法案が参議院を通過した。 この法案が自民党の党利党略を優先す…

平成史上最悪の被害、「平成30年7月豪雨」、初動が遅すぎた安倍政権

気象庁が鳴らし続けた警報 政権の緩みと言われても仕方ないツィートが・・・ 与野党超えて災害への対応を 13府県で死者130人、行方不明者74人、心肺停止が3人と、台風7号の九州接近に伴う豪雨は数多くの被害者を生んだ。死者が100人を超えた豪雨災害は「昭和…

北方領土隣接地域の振興等は主権を守ることが大前提

北方領土問題の解決等に関する議員立法2本が審議される 慎重の上にも慎重を重ね審査を行った国民民主党 委員長提案だが、政府に注文をつける決議がついた 月並みの表現だが、北方領土返還交渉は毅然たる態度で粘り強く 北方領土問題の解決等に関する議員立…

ふるさと納税をめぐる総務省の勘違い

昨年から既に総務省は勘違いをしていた 通知に従わない自治体名を公開 自治体独自の取り組みが成功への道 昨年から既に総務省は勘違いをしていた 昨年、ふるさと納税の過熱する返礼品競争に総務省が「待った」をかけ、見直しの通知を出した。具体的には、ふ…

文科省、現役局長逮捕の衝撃

我が子の合格と引き換えに・・・ キャリア官僚の胸先三寸で決まる異様さ 三人の自殺者を出したノーパンしゃぶしゃぶ事件 内閣人事局の人事という重さ 衝撃が走った。文部科学省学術政策局長の佐野氏の逮捕である。現職職員の逮捕も異例なら、事前聴取もなく…

党利優先の自民公明両党の参議院選挙制度改革案

来年の参議院議員選挙へ向けて 自民党案は党利優先 公明党案も党利優先 国民民主党案は微調整を行う案 来年の参議院議員選挙へ向けて 来年夏、参議院議員選挙が予定されている。これに向けて、今国会での成立を目指して、各党が参議院議員選挙制度の改革案を…

気候変動対策、脱炭素化は地域主体での取り組みが中心

グリーンボンド発行に追い風 パリ協定での対応で遅れをとった日本 中央政府より地方自治体・地域企業の取り組みこそ重要 グリーンボンド発行に追い風 大きな記事ではないが、新聞の一面トップに『環境債発行最高6.6兆円--1~6月 債券全体では発行減--』(…