霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

MENU

児童虐待防止法改正 遅れているのは政府与党の面子へのこだわりのせい?

遅れた児童虐待防止 昨年、野党は児相の機能強化法を提出していた 与党の面子のために問題解決が遅れた? 遅れた児童虐待防止 度重なる児童虐待。政府与党は児童虐待防止法などの改正を今国会で目指すことになり、法案は閣議で承認された。政府与党が提出す…

地方議員のなり手不足 地方議会制度の再構築を

高給取りの都道府県議でも無選挙がトレンドに 全選挙区の半数が無選挙という神奈川県の異常事態 優秀な地方議員がバッジを外す決断 レゾンデートルが問われる地方議会 「4年に1度の選挙で落選リスクがあり、不安定な上に議員報酬が少ない」、あるいは「社会…

イノベーションを阻害する要因を取り除いてこそ、政治

東大文1を東大文2が上回ったワケ 泥船から逃げ出す優秀な人材 選挙で社会のマインドセットをリセットへ 新卒至上主義と、その裏返しとしての終身雇用制度、流動化しない人材。日本は長らくイノベーションを起こせないまま、10年、20年、30年の月日を過ごし…

安倍政権は自ら掲げた「行政保有データの100%オープン化」を忘れるな -政府の情報は国民のもの-

森友学園に関する情報公開に関する国家賠償訴訟 行政保有データの100%オープン化 森友学園に関する情報公開に関する国家賠償訴訟 2017年5月に、神戸学院大学の上脇教授は森友学園の設置趣意書と賃貸借契約書の情報公開請求を近畿財務局に対して行った。 その…

リープフロッグ現象時代のイノベーションに備えよ

ドローンで変わるアフリカ 時計の針が止まったままの日本 政策でリープフロッグを実現せよ Leapfrog(リープフロッグ)、日本語に訳すると「カエル跳び」。リープフロッグ現象とは経済活動で見られる、世代をいくつか飛び越えて一気に最新のテクノロジーが社…

東日本大震災「復興から再興へ」 -政治の本気度が問われている-

復興庁の後継組織の設置が明記される 今後の復興の取り組み 復興から再興へ 復興庁の後継組織の設置が明記される 東日本大震災から丸8年を迎える。 11日には、政府主催の東日本大震災8周年追悼式が千代田区の国立劇場で行われた。 追悼式の安倍総理の式辞で…

「もう一度、信を問う」 大阪ダブル選挙はどうなるか?

紙一重の差だった 問われているのは都市の生産性 住民投票後の大阪の動きを知っているか? 自民+立憲+共産という気持ち悪さ 維新+国民民主を見てみたい 「もう一度、信を問う」。こう語り、松井大阪府知事と吉村大阪市長はそれぞれの職を辞した。松井氏は…

2014年11月以来「下方への局面変化」の内閣府の景気動向指数、景気はすでに後退局面か?

コンビニで買ったお弁当。店内のイートインで食べる場合の消費税は10%で、自宅に持ち帰る場合は8%。回転寿司も店内で食べれば8%だが、持ち帰り用に包んでもらうと10%だ。こういう事例は枚挙にいとまがなく、分かりにくさにきわめつけは新聞だ。自宅に届く朝…

電気通信事業法改正 携帯通信料値下げへ スマホの通信料と端末代の完全分離は是か非か

10万を超えるスマホを安く買えていたワケ 今春、携帯の通信料は劇的に下がる スマホ不況がやってくる? IoT時代に完全分離は時代遅れかもしれない 3月5日、電気通信事業法の改正案が閣議決定された。今回の改正案はスマホなどの端末代金と通信料金を完全分…

今度は文化庁の暴走か ダウンロード違法化の賛成派水増し疑惑

ダウンロード違法化の対象範囲の拡大 文化庁が暴走する ダウンロード違法化の対象範囲の拡大 ダウンロード違法化の対象を広げる著作権法改正が今国会で議論の俎上に載せられる予定だ。 2月13日には、この問題について議論していた文化審議会著作権分科会が報…