霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

過去衆議院選挙の結果から見た2017年 注目選挙区と激戦区予想【中国】

 

10月22日の選挙に向けて候補者が発表された。2014年の結果から、2017年総選挙で激戦区、注目区になりそうな選挙区を比例区ごとにまとめた。

 

 

最も注目すべき小選挙区は岡山2区

岡山2区

 

岡山2区では、自民党の山下貴司が14,485票差で民主党の津村啓介に勝利。山下貴司は、第3次安倍第3次改造内閣にて法務大臣政務官兼内閣府大臣政務官に就任していた。津村啓介は2009年の衆議院議員総選挙にて、自民党の萩原誠司に勝利し、鳩山由紀夫内閣で内閣府大臣政務官に任命され、菅内閣まで務めた。今回は、津村啓介は希望の党から立候補し、共産党の垣内京美、幸福実現党の田部雄治、自民党の山下貴司で競う。

 

岡山2区 小当 山下貴司 自民 71,436 -
岡山2区 比当 津村啓介 民主 56,951 14,485
岡山2区 落選 井上素子 共産 15,652 55,784

 

中国 小選挙区 2014年の結果から見る激戦予想区

岡山3区

 

岡山3区では、平沼赳夫阿部俊子に16,205票差をつけて勝利した。今回は、阿部俊子が無所属となり、希望の党の内山晃、共産党の尾崎宏子、無所属の平沼正二郎が競う。

 

岡山3区 小当 平沼赳夫 次世代 73,852 -
岡山3区 比当 阿部俊子 自民 57,647 16,205
岡山3区 落選 古松国昭 共産 18,654 55,198

 

岡山4区

 

岡山4区では、自民党の橋本岳が民主党の柚木道義に15,851票差で勝利した。今回は、希望の党から柚木道義、自民党の橋本岳、共産党の平林明成が競う。

 

岡山4区 小当 橋本岳 自民 91,189 -
岡山4区 比当 柚木道義 民主 75,338 15,851
岡山4区 落選 垣内雄一 共産 13,629 77,560