霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

民進党代表選告示!枝野幸男vs前原誠司 議員票では前原氏優勢か!?

 

 蓮舫代表の辞任にともない、民進党代表選が行われる。

 

 そのスケジュールは、8月21日告示、9月1日投開票となっている。現段階で立候補を予定しているのは前原誠司元外務大臣と枝野幸男元官房長官の二人であり、この二人による一騎打ちとなった。

 

 

民進党代表選挙候補者共同記者会見が行われた

民進党本部で代表選に立候補した前原誠司元外務大臣と枝野幸男元官房長官は21日午後、そろって記者会見した。両候補のそれぞれの政策理念をまとめると以下のようになった。投票の参考にしていただきたい。

政策理念 枝野幸男 前原誠司
野党共闘/
政界再編
原発0
憲法改正 ×
(拙速はNG)
消費増税
(時期を再検討)
辺野古問題
IR(カジノ) ×
(党の意向で判断)
経済政策 円安頼みの政策をやめ、消費を増やす施策
ボトムアップの施策を実行する
地域の活性化、雇用を増やす
北朝鮮問題 領土領海領空を守って防衛する 対話と圧力の姿勢をもって対応する
政官関係 意味のない対立は避ける -

  

民進党代表選挙候補者共同記者会見

 

選挙の行方はポイント制

 今回の代表選は、衆参両院議員(144人)から成る国会議員票の他、党員・サポーター票と地方議員票を独自のポイント化をして競い合うものである。具体的には、国会議員145人に計290ポイント(8月9日時点で区切っているため、8日に離党した細野豪志氏も一人としてカウントされているが、細野氏は投票権を放棄済)、公認候補予定者128人に計128ポイント、地方自治体議員1543人に計209ポイント、党員・サポーター22万8753人に計231ポイント、全体で計858ポイントとなる。現段階で国会議員票は前原氏優勢と報じられているが、国会議員票は全体のポイントのほぼ3分1であるため、残りの党員・サポーター票や地方議員票次第では枝野氏にも勝利の可能性が残されている。

 


過去の代表選の結果は?

 民主党の野党転落後、2012年12月、2015年1月、2016年9月に代表選が行われている。このうち、2016年は民進党代表選として行われたものである。

  

2012年12月は、総選挙での敗北により政権から転落した直後であり、当時の野田代表の辞任に伴う代表選であった。この時は、海江田万里元経済産業大臣と馬淵澄夫元国土交通大臣の一騎打ちとなり、国会議員のみによる投票で海江田氏が勝利して、代表に就任した。

 

 その後、海江田氏は2年ほど代表を務めるも党勢の回復には至らずに、2014年末に行われた衆議院議員選挙において海江田代表が落選したことにより代表を辞任することになった。これにより、2015年1月に代表選が行われた。この時には、細野豪志元環境大臣、岡田克也元副総理、長妻昭元厚生労働大臣が立候補した。この時には、国会議員・公認候補予定者、地方議会議員、党員・サポーターの投票によるポイント制が導入され、細野・岡田・長妻の順にポイントを集め、細野・岡田による国会議員・公認候補予定者によるポイント制決選投票によって、岡田氏が逆転勝利をおさめて代表に就任した。

 

 2016年の代表選は、岡田氏の任期満了に伴う代表選で、この時も投票については、前の民主党時代のものを引き継ぎ、蓮舫元行政刷新担当大臣、前原氏、玉木雄一郎国会対策副委員長が立候補し、第一回の投票を蓮舫氏が制して代表に就任した。

 

枝野氏、前原氏は党内グループ凌雲会のメンバー同士

 前原氏は前回の代表選に引き続きの立候補であり、既に民主党時代には代表を務めた経験も持つ。一方、枝野氏は今回が初の代表選立候補となる。二人とも当選は8回で、初当選は日本新党からというのも同様である。閣僚経験を有し、党の要職を歴任している点も同じであれば、そもそも前原氏が代表を務める党内グループ凌雲会のメンバー同士でもある。基本的な政治姿勢という点では、両者に大きな隔たりはないと言えるだろう。実際、二人の主張する政策は共通するところも多い。

 

 いずれにしても、政策的には近しい二人が争うということで、どちらが代表に選出されたとしても、政策的には民進党として一定の統一感をもって今後は与党と対峙していくことになりそうだ。問題は、政策ではなく、政治の部分で、どちらが勝利しても野党共闘や民進党を離党した細野氏や長島氏との連携、あるいは若狭氏の「日本ファーストの会」との連携などについて、党内の調整が求められる。

 また、野党第一党として、どのように政権奪取の絵図を描くのか。その手腕が強く問われるところである。

 

代表選の結果は如何に!?

 なお、今回は候補者の二人が特設サイトを開設している。作り込み度では前原氏が一歩リードといったところだが、結果は如何に。

 

前原誠司代表選特設サイト

前原誠司代表選特設サイト | 民進党 衆議院議員 前原誠司(まえはらせいじ)

 

枝野幸男代表選挙特設ページ

枝野幸男 | 2017 民進党代表選挙特設ページ