霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

【希望の党 政見放送公開】小池百合子代表が安倍政権を斬る

 

いよいよ各政党の政見放送が公開された。希望の党 小池百合子代表は党の設立会見でも触れた世界株式時価総額の事例や、日本の女性が他国に比べ活躍の数値が低く、さらに以前より下がっているとしてアベノミクスでは好景気を実感できていないと述べた。

 

 

www.sankei.com

 

 

 

世界株式時価総額ランキングから見えた日本の景気とは?

 

アベノミクスにより日本の景気は回復したとされていたが、それは事実なのか。小池知事が発表した世界株式時価総額ランキングの結果推移からどのように見えるかまとめた。

 

時価総額とは

 

株式時価総額とは、ある上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標である。時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。時価総額は企業尺度や企業の実力の一面にしかすぎないが、市場の期待値を反映した尺度の一つであり、一般には企業の利益や資産が大きいほど時価総額も高くなる。しかし、株価は時に過大(過小)評価される場合があるため、絶対的なものではない。

時価総額 - Wikipedia

 

 

世界の株式時価総額ランキング

 

1993年9月

1990年代初めはバブル経済の影響もあり、日本企業には勢いがあった。1993年9月の世界株式時価総額ランキングでは上位10位中7社が日本の企業であった。

 

f:id:araaaaan:20171009140057p:plain

 

 

2007年12月

 

2000年代は中国が急激な経済成長を遂げ、中国企業が世界で存在感を強めた。上位10社に入っていた7社は勢いをなくし、世界上位100社の中で日本の企業はたった5社という結果になった。

 

f:id:araaaaan:20171009140246p:plain

 

2017年8月

 

近年はIT市場が世界を席巻するとともに上位10社中8社がアメリカ企業の独壇場となっており、25年間の中で世界の経済情勢は大きく変わっている。中国の銀行や石油企業は、順位を落としたもののIT企業が上位10社に加わっている。

 

f:id:araaaaan:20171009140304p:plain

 

 

 

時価総額が下がっていることが安倍政権の影響とは言い切れないが、日本の企業は勢いを失い、好景気だということを実感できるような結果は出ていないように見える。

 

 

日本の女性は活躍出来ていないのか?

 

安倍総理は、安倍内閣の最重要課題として「すべての女性が輝く社会づくり本部」を設置した。しかし、小池知事が述べた世界の女性活躍を示す数値では、日本の順位はかなり低い。

 

www.kantei.go.jp

 

 

世界の女性活躍を示す数値の推移

 

f:id:araaaaan:20171009182634p:plain

 

 

希望の党の公約にあるダイバーシティ社会の実現に、女性が主役の社会を目指し、待機児童ゼロの義務付け、育児休暇取得の支援、長時間労働規制、同一価値労働同一賃金などを掲げている。

待機児童対策や介護離職を主な課題として、女性が活躍出来る社会をめざし国政を変える必要があると語った。

 

 

第一に守らなければならないのは国民の生活。小池代表は、2年後に控えた消費税増税に関しては一度立ち止まり、リアルな安全保障対策で北朝鮮から国民を守っていくと述べた。