霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

過去衆議院選挙の結果から見た2017年 注目選挙区と激戦区予想【東北】

 

10月22日の選挙に向けて候補者が発表された。2014年の結果から、2017年総選挙で激戦区、注目区になりそうな選挙区を比例区ごとにまとめた。

 

 

 

東北 小選挙区 2014年の結果から見る激戦予想区

 

青森1区

青森1区では3,787票差で自民党、津島淳が維新の升田世喜男に勝利した。今回は升田世喜男は希望の党から立候補しており津島淳、共産党の赤平勇人と競う。

 

青森1区 小当 津島淳 自民 66,041 -
比当 升田世喜男 維新 62,254 3,787
落選 吉俣洋 共産 18,274 47,767

 

 

秋田1区

秋田1区は自民党の冨樫博之が8,606差で民主党の寺田学に勝利。今回は、寺田学は比例区のみで立候補しているため、冨樫博之はいずれも新人の希望の党、松浦大悟と共産党、斉藤大悟と競うことになる。

 

秋田1区 小当 冨樫博之 自民 66,388 -
比当 寺田学 民主 57,782 8,606
落選 山内梅良 共産 11,579 54,809

 

 

秋田3区

秋田3区は5,613票差で自民党の御法川信英が維新の村岡敏秀に勝利した。村岡敏英は今回は希望の党からの出馬で御法川信英と共産党の冨岡昭と競う。

 

秋田3区 小当 御法川信英 自民 94,096 -
比当 村岡敏英 維新 88,483 5,613
落選 我妻桂子 共産 14,333 79,763

 

 

福島1区

福島1区では自民党の亀岡偉民金子恵美に5,299票の差をつけて勝利した。今回は金子恵美は無所属で立候補し、亀岡偉民と競う。

 

福島1区 小当 亀岡偉民 自民 102,929 -
比当 金子恵美 民主 97,630 5,299
落選 渡部保子 共産 16,748 86,181

 

山形2区

山形2区では自民党の鈴木憲和が7,495票の差をつけて民主党の近藤洋介に勝利した。今回は共産党の岩本康嗣が加わり競う。

 

山形2区 小当 鈴木憲和 自民 97,915 -
比当 近藤洋介 民主 90,420 7,495
落選 白根沢澄子 共産 11,086 86,829

 

山形3区

山形3区では、自民党の加藤鮎子が無所属の阿部寿一に勝利した。今回は、阿部寿一が希望の党から立候補。加藤鮎子に加え幸福実現党の城取良太と共産党の加藤太一と競う。

 

山形3区 小当 加藤鮎子 自民 79,872 -
落選 阿部寿一 78,384 1,488