霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

過去衆議院選挙の結果から見た2017年 注目選挙区と激戦区予想【四国】


10月22日の選挙に向けて候補者が発表された。2014年の結果から、2017年総選挙で激戦区、注目区になりそうな選挙区を比例区ごとにまとめた。

 

 

最も注目の選挙区は香川1区

 

香川1区では、自民党の平井卓也が8,305票差で民主党の小川淳也に勝利した。平井卓也は、自民党ネットサポーターとして安倍晋三首相にFacebookを介したネットユーザーとの交流を勧めた。小川淳也は民進党時代、前原誠司を側近として支え、前原が代表に選出されると自らは役員室長に就任した。今回は、小川淳也が希望の党から立候補し、平井卓也と競う。

香川1区 小当 平井卓也 自民 74,115 -
香川1区 比当 小川淳也 民主 65,810 8,305
香川1区 落選 河村整 共産 9,823 64,292

 

小選挙区 2014年の結果から見る激戦予想区

 

愛媛3区

愛媛3区では、白石徹が12,327票差で白石洋一に勝利。今回は、白石洋一は希望の党から立候補し、共産党の国田睦、幸福実現党の森田浩二、自民党の白石寛樹が競う。

愛媛3区 小当 白石徹 自民 64,929 -
愛媛3区 落選 白石洋一 民主 52,602 12,327