霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

最多得票数は河野太郎外務大臣 2017年衆議院総選挙結果

 

10月22日、2017年衆院選が行われ自民党が圧勝した。得票数が一番多かったのは自民党の河野太郎で、二番目に高かったのが同じく自民党の小泉進次郎であった。2017年衆院選の得票数上位と、2014年衆院選の上位10名を比較した。

  

www.jiji.com

 

 

 

2017年衆議院総選挙 得票数上位30名

 

自民党の河野太郎外務大臣が、2014年衆院選より4,259票多い159,647票を獲得し、最多得票数となった。次に、自民党の小泉進次郎が2014年衆院選より14,192票少ない154,761票を獲得し2位となった。3番目に得票数が高かったのが2014年衆院選より、2倍以上多い150,453票を獲得した自民党の金子恭之であった。4番目は重徳和彦149,587票を獲得した。重徳和彦は維新の会を離党後、民進党に合流し希望の会から立候補する予定で準備をしていたが前原誠司に「公認は出せない」と告げられ無所属で立候補した。5番目は無所属から立候補した岡田克也は、民主党から立候補した2014年時より26,305票多い147,255票を獲得した。

 

その他上位30位以内で注目すべきは、立憲民主党から立候補し初当選した道下大樹と池田真紀である。

希望の党からの公認候補を見送った道下大樹は、立憲民主党から立候補し 、139,110票を獲得して初当選した。北海道5区の立憲民主党から立候補した池田真紀は、13番目に得票数が多かったが和田義明に6,739差で敗れ小選挙区では落選。比例復活で初当選した。

 

小選挙区 氏名 政党 票数
神奈川15区 河野 太郎 自民 159,647
神奈川11区 小泉 進次郎 自民 154,761
熊本4区 金子 恭之 自民 150,453
愛知12区 重徳 和彦 無所属 149,587
三重3区 岡田 克也 無所属 147,255
北海道5区 和田 義明 自民 142,687
北海道3区 荒井 聰 立憲民 141,680
富山3区 橘 慶一郎 自民 140,803
北海道1区 道下 大樹 立憲民 139,110
静岡5区 細野 豪志 希望 137,523
福岡3区 古賀 篤 自民 136,499
北海道6区 佐々木 隆博 立憲民 136,312
北海道5区 池田 真紀 立憲民 135,948
福岡8区 麻生 太郎 自民 135,334
愛知11区 古本 伸一郎 希望 134,698
青森2区 大島 理森 自民 133,545
山口1区 高村 正大 自民 133,221
長野1区 篠原 孝 無所属 131,883
福岡6区 鳩山 二郎 自民 131,244
千葉4区 野田 佳彦 無所属 131,024
静岡2区 井林 辰憲 自民 130,857
岩手3区 小沢 一郎 無所属 130,229
岩手2区 鈴木 俊一 自民 129,884
静岡7区 城内 実 自民 129,463
熊本3区 坂本 哲志 自民 129,312
青森3区 木村 次郎 自民 128,740
愛知7区 山尾 志桜里 無所属 128,163
鹿児島4区 森山 裕 自民 128,112
新潟1区 西村 智奈美 立憲民 128,045
東京17区 平沢 勝栄 自民 127,632

 

 

上位10名に関連する話題

河野 太郎

政府開発援助(ODA)半減を唱えるなど自民党の「異端児」のイメージが強かったが、就任してからは一変して現実路線にかじを切った。北朝鮮への対応や歴史問題をめぐっては中国側に手堅くクギを刺すなど親中派だった父、河野洋平元衆院議長とも一線を画す。政府・自民党内の高評価も得ており、「ポスト安倍」の一角をうかがう可能性も出てきた。

「あの男は大化けする」河野太郎外相、就任1カ月 異端児から現実派に一変 評価うなぎ上り(1/2ページ) - 産経ニュース


小泉 進次郎

小泉氏は父、純一郎元首相の地盤を引き継ぎ、同区で平成21年の第45回衆院選から4連勝となった。

【衆院選】自民・小泉進次郎氏の当選確実 神奈川11区 - 産経ニュース


金子 恭之

熊本4区は、自民党の金子恭之・元国土交通副大臣が7回目の当選を確実にした。
区割り変更による候補者調整の影響で、選挙準備が遅れたが、議員としての豊富な経験などをアピールした。

自民・金子恭之氏が7選確実…熊本4区|BIGLOBEニュース


重徳 和彦

無所属で当選した重徳さんだが、政権交代が可能な保守の2大政党政治が持論。今後の政治活動について「野党再編に向けて決断を迫られる時期は近い。保守中道ど真ん中の立ち位置を明確にし、主体的に動いていきたい」と意気込みを見せた。

当選者 一夜明け始動 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


岡田 克也

選挙期間中は、無所属だけでなく立憲民主党、希望の党候補の応援で選挙区を離れることが多かったが、後援会を固め、危なげなく勝利した。

【衆院選】岡田克也元民進代表が10選 無所属出馬、三重3区 - 産経ニュース


和田 義明

和田氏は義理の父で衆院議長を務めた町村信孝氏の死去に伴う昨年4月の5区補欠選挙で初当選。選挙戦期間中は現政権の実績を強調し、自衛隊強化や農業振興、中小企業活性化、交通物流網発展などをバランスよく訴えて圏域保守層を着実に取り込んだ。

道5区で和田氏、保守層まとめ再選 池田氏、比例復活で初当選|ニュース|Webみんぽう


荒井 聰

北海道3区は、立憲民主党の荒井聰・元国家戦略相が、自民党前議員との一騎打ちを制し、8回目の当選を果たした。

立憲民主・荒井聰氏が8選…北海道3区|BIGLOBEニュース


橘 慶一郎

自民、希望、共産の3極対決となった3区は橘慶一郎さんが大差で4選を決めた。

https://mainichi.jp/articles/20171023/ddl/k16/010/327000c


道下 大樹

引退した横路孝弘・元衆院議長の元秘書で、地盤を引き継いだ。民進党が分裂し、「憲法や安全保障などの考え方が一致する」として立憲民主党から出馬。憲法9条を守り、安保法制に反対する立場を訴えた。

立憲民主・道下大樹氏が初当選…北海道1区|ニフティニュース


細野 豪志

民進党を離党し、希望の党の結成に中心的な役割を果たした細野豪志元環境大臣が、静岡5区で7回目の当選を確実にしました。
細野氏は46歳。平成12年の衆議院選挙で民主党から立候補して初当選し、これまでに6回、当選しています。

静岡5区 希望 細野氏 当選確実 | NHKニュース

 

2014年 衆議院総選挙 得票数上位10名

 

2014年衆院選の得票数上位10名と比べると、5名が入れ替わった。また自民党議員が8名から5名に減少した。自民党の菅義偉は、加計学園問題の発端となった文部科学省の文書を「怪文書」と発言したことが原因で獲得票数を落とした可能性が高く2014年は3番目に得票数が多かったが、今回は43番目となった。2016年に金銭授受問題で経済再生担当大臣を辞任した甘利明は14,987票落とし、34番目となった。

 

小選挙区 氏名 政党 票数
神奈川11区 小泉進次郎 自民 168,953
神奈川15区 河野太郎 自民 155,388
神奈川2区 菅義偉 自民 147,084
静岡5区 細野豪志 民主 143,012
茨城2区 額賀福志郎 自民 142,238
神奈川13区 甘利明 自民 142,201
富山3区 橘慶一郎 自民 138,991
千葉12区 浜田靖一 自民 134,037
静岡7区 城内実 自民 132,698
愛知12区 重徳和彦 維新 131,618