霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

加計学園 議員の発言まとめ①(2017年5月26日~6月1日)

 自民党議員の発言

加計学園に関する発言をしている議員の数は前回同様、少なかった。

 

  • 山本ともひろ‏議院

午後、衆院文部科学委員会の理事懇談会へ。

加計学園問題への文科省内での調査報告や前川喜平前事務次官の報道について与野党理事間で残念ながら意見が一致せず、先ずは、明日、松野博一文科大臣に出席して頂き、委員会を開会することに。#加計学園 #前川喜平 #前川前事務次官

— 山本ともひろ (@ty_polepole) 2017年5月25日

 

民進党議員の発言

多くの議員が加計学園問題の真相を究明するために声を発していた。

中でも荒井さとし議員は自身のFacebook内で大きな問題が発覚したと以下のように発言しています。

 ”権力は一般人である前川氏を尾行したことです。その結果を利用して、言論を封じようとしたことです。まさしく共謀罪で私たちが心配していたことです。共謀罪の恐ろしさは、「一般人が尾行されたり、盗聴されたりするのではないか」との不安だったのです。まさしく法案が成立してもいないのに、それがすでにおこなわれていたということです。私たちの国は、いつのまにか警察国家になったのでしょうか。”

 

  • 寺田 学議員

加計学園の政治的焦点は、総理じゃなく官房長官に移ってきたのでは。国連からの忠告、加計学園本件含め個人攻撃を主とした強弁が過ぎできた。官房長官と対立する麻生大臣の心境は如何に。何れにせよ、国民の皆さんが抱く素朴な疑問を晴らすことのできるように、こちらも謙虚に中立的に国会に臨むべき。

— 寺田 学 (@teratamanabu) 2017年5月25日

加計学園に係る前川前事務次官の会見につき、民進党は鬼の首を取ったかのように振る舞うのは控えるべき。前川氏が極力平穏に発言しているにも関わらず、与野党の対立の構図に持ってくのは本件を白けさせると思う。

— 寺田 学 (@teratamanabu) 2017年5月25日

 

  • 大串ひろし議員


  • 近藤洋介議員

 

 

加計学園問題】
菅官房長が怪文書と説明した文部科学省の内部文書は、前川元文部科学事務次官の会見で本物であったことが判明。前川事務次官は父とは同じ職場で働いていたことがあるようで、あれだけ立派な方にこのような告発をさせる官邸の酷さに激怒して電話がかかってきた。

木内孝胤(衆議院議員) (@takatanekiuchi) 2017年5月25日

 

野党、前文科次官招致で攻勢=加計学園問題、政権守勢https://t.co/nDzZKWBp4c

偽証罪がある国会喚問で白黒つければいい。
安倍総理と与党は何を恐れているのか。

— 小西ひろゆき参議院議員) (@konishihiroyuki) 2017年5月25日

 

  • 高井たかし議員


  •  荒井さとし議員

 

  • 水戸まさし議員

明日になると戦後首相在任期間が小泉氏を抜き、第三番目となる現職がおります。権力は腐敗する絶対的な権力は例外なく、絶対的に腐敗する。今回の加計学園のケースはまさにその象徴と言えるかも知れません。

衆議院議員 水戸まさし(民進党) (@mito_kickoff) 2017年5月26日

 

 

 

 

 

 

 

  • 菅 直人議員

 

 過去の加計学園に関する議員の発言まとめはこち

ngtcsfksmgsk.hatenadiary.jp