霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

民進党 前原誠司前代表 希望の党へ入党

 

11月2日に民進党に離党届を提出した前原誠司氏が6日、希望の党に入党届を提出した。樽床伸二代表代行は「今回のいろんな政治を動かした立役者。失礼のないようきっちり対応したい」と述べた。

 

www.sankei.com

 

 

前原前代表 希望の党へ入党

 

民進党は10月27日の両院議員総会で、当初希望の党に合流する方針であったが、地方組織を含め存続させ、資金も民進党に残すことを決定した。30日の夕方に、前原前代表は代表辞任を正式発表した。

 

前原誠司前代表

 

前原誠司元外相(斎藤良雄撮影)

 

前原 誠司(まえはら せいじ、1962年(昭和37年)4月30日 - )は、日本の政治家。院内会派「希望の党・無所属クラブ」所属の衆議院議員(9期)、凌雲会会長(第2代)。
京都府議会議員(1期)、民主党代表(第5代)、国土交通大臣(第12・13代)、外務大臣(第145代)、民主党政策調査会長(第11代)、内閣府特命担当大臣(防災・沖縄及び北方対策・経済財政政策・科学技術政策・原子力行政・宇宙政策)、民進党代表(第3代)などを歴任。

前原誠司 - Wikipedia

 

民進党代表就任後の経緯

 

前原氏は、2017年9月1日に民進党代表に就任したが、10月22日に行われた衆院選には無所属で出馬した。選挙期間中は、希望の党公認立候補者や、元民進党で無所属の立候補者の応援演説を行っていた。前原氏は、11月1日の特別国会召集前に辞任を表明した。

 

民進党の前原誠司新代表は1日、都内のホテルで記者会見し「もう一度政権交代の高みまで持っていくことに心を注ぎたい」と語った。

前原・民進党新代表「政権交代の高み目指す」 :日本経済新聞

 

「安倍政権の流れを断ち切らないとならず、大きな野党を作ろうと決断した。自民党しか選べない政治を変えようじゃないか」
前原氏は11日、千葉9区で希望の党公認で立候補した奥野総一郎氏の千葉市での街頭演説で、こう訴えた。

【衆院選】民進・前原誠司代表 苦難の応援行脚 希望と無所属は支援、立憲民主は回避 - 産経ニュース

 

前原誠司代表は11月1日の特別国会召集前に辞任する考えを表明。これを受け、同党は後任の代表選びに入った。

民進存続、新代表選出へ=資金もそのまま-前原氏、特別国会前に辞任:時事ドットコム

 

 

前原氏は希望の党入党にあたり「希望の党への合流を小池代表とともに努力した者として、一兵卒でみずからが主導した、新たな選択肢を作る、という取り組みを進めていきたい」と述べた。