霞が関から見た永田町

霞が関と永田町に関係する情報を、霞が関の視点で収集して発信しています。

地方創生

そろそろ国政選挙で道州制を真剣に問うべき時ではないか

ここ10年の政治を振り返ったときに、日本を大きく動かしてきた政策テーマの1つが「地方分権」だ。今回の衆議院選挙でも、各党を比較する際に一つの指標になるかもしれない。今なぜ地方分権なのかといえば、今の日本が少子化・高齢化と、それに伴う人口減少社…

地方創生で必要なのは補助金ではなく人 | 脱しがらみへの挑戦

プレミアム商品券に、ゆるキャラ、B級グルメ。地方に目を向ければ、どこも同じような取り組みをしている。ゆるキャラのデザインから、B級グルメを使ったイベント開催、週末ともなれば、全国各地で同じような風景をいくつも見かける。これらの多くは、税金で…

加計学園問題で国会が揺れるなか、総務省による地方創生や地方分権の否定!?

ふるさと納税の過熱する返礼品競争に対して、2017年4月1日付で総務省が都道府県に対して見直しを求める通知を出した。この通知自体は技術的助言というもので、従う義務はないものではあったが、一定の数の自治体は総務省の求めに応じて返礼品の見直しを行っ…

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)議員の発言まとめ

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)に関する議員の発言をまとめた。 河野太郎議員 今年の平塚ダボス会議は、本日、11月5日土曜日、午後1時半から平塚商工会議所で、地域経済分析システム、RESASで平塚と近隣のまちを比較分析して、これからの平塚…

地域経済分析システム (RESAS:リーサス)

第二次安倍政権の看板政策のひとつに地方創生があった。地方創生の掛け声のもとで、東京への一極集中の是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、地方に活力をもたらすことが目指されたのである。 地方創生においては、自治体は、地域の実情や産業の実態を踏ま…